保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

読者の皆さんへ



医療系情報メディア【hospass】へのご訪問、誠にありがとうございます。

hospassは【hospital(病院)】【pass(通過)】の2つの言葉を掛け合わせた造語で【病院は依存する所ではなく、通過する所ではないか】と提案させて頂いております。

このメディアを運営しているメンバーは全員が医療系国家資格を所有しており、臨床現場を経験したメンバー全員が感じた事は【患者も職員も病院に依存して生活している方が多い。】という点です。

【pass】という言葉は決して「不必要」という意味で使用している訳ではありません。あくまで「通過する」という意味で使用しており、世の中に病院は必要不可欠と考えています。

しかし、臨床経験の下、病院が皆様の命を救う場所であると共に、命を蝕む所である事。生活の中で、多くの事柄により依存してしまい、離れる事が出来ず変化が見られない。

そのような事実もあり、現在の医療において【pass(通過する)】という考えを持ち合わせて良いのではないでしょうか。

私たち【hospass】はそんな医療における世の中の不条理を少しでもなくしたい。

そう思い、立ち上がったメディアです。

医療系情報メディア【hospass】で伝えたい事

医療系情報メディア【hospass】では主に2つのコンテンツをご用意させて頂いております。

①医療資格所有者による、日常お役立ち情報のコラム記事
②医療の資格を持ちつつ、病院の外でも活躍している医療職の取材記事

一般の方が医療職の方と同等の知識を持ち、生活に反映できるように

コラム記事では、私たち医療に関わる者が持ち合わせている知識を、一般の方へよりわかりやすく情報を伝える事が出来ないかと思い、記事の作成を続けております。

多くの医療職は、日々の臨床業務において勉学に取り組んでいます。その身についた医療知識は病院の中でのみ使用することが多く、病院という閉鎖的空間に情報が集まってしまっています。

そこで、この医療知識を病院の外へ広げ、一般の方に情報をお伝えすることで、一般の方々の生活がより豊かになるのではないかと考えました。

医療知識をよりわかりやすく一般の方々へ伝え、生活に反映することが出来れば、情報は閉鎖的空間から抜け出すことができ、人々は健康的な生活が送れるのではないか。

これからの社会、健康であることは間違いなく必要であり、個々で真剣に取り組む必要があります。

今やテレビやSNSでも情報が多くキャッチ出来るため、健康情報には多くの意見が飛び交っております。一般の方々は多くの迷いの中で、情報を取捨選択し、正しい情報を判断する必要があります。

このメディアは全て医療系国家資格所有者のみで運営されており、記事作成から監修まで、全て医療系国家資格所有者が行っております。臨床現場での知識や経験、その他の情報を載せ、皆様にわかりやすいよう情報を発信し、信頼性を担保しつつ情報を掲載して行きます。

ひと昔は【インターネットの情報は全部嘘。】というように騒がれた時代もありましたが、今現代は【インターネットにこそ真実がある。】ということも間違いなく事実です。

そのような現代の中で、私たちhospassも【真実】を提供し、社会のお役に立てればと、運営スタッフ全員が想い行動しております。

どうぞご参考いただけましたら幸いです。

病院の中でも、外でも活躍している医療職はこんなにいる。

取材記事では、病院の中に留まらず、外でも積極的に活動している医療職の方々を取材させて頂き、お話を伺っております。

現代では医療職の人たちも資格を所有しつつ、様々なことにチャレンジしております。

各個人が医療職を目指そうと思った経緯や、勉強が厳しいと知られている養成校での思い出、実際の臨床現場で感じた理想と現実のギャップ、臨床を経験して今後自身はどうして行きたいのか、今後自身の活動を通して社会で実現させたい事など。

記事を個人のプロフィールにして頂くと共に、学生の読者においては将来を考えるきっかけに。医療系大学に通っている方は、学生時代を乗り越えるコツ職場の選び方の参考に。現在社会人として活躍している方は、今後の自分の人生を考えるきっかけに。

読者の皆様がご自身と照らし合わせ、人生のヒントとなる記事が見つかるよう、お役に立てましたら幸いです。

病院はパスする時代へ

病院という閉鎖的空間から、世間という広い空間へ。

これからは各個人がより責任を持ち情報を取捨選択し、より豊かな社会を創造していく必要があります。

より質の高い情報と経験が、このメディアに集まり、読者の皆様が豊かで生活しやすい社会になるよう、背中を押すことができればと考えております。

医療系情報メディア【hospass】を開設して、約半年間が経ちました。今後も社会への良い影響を残せるよう、進んで行きます。どうぞご参考にしていただけましたら幸いです。

皆さんの生活がより良いものとなりますように、願いを込めて。

hospass運営局一同