毎週月曜日に更新中!更新速報はこちらから!!

ペットにとって暮らしやすい街づくりを。【直良拓朗 / 獣医師】

直良拓朗(獣医師)

獣医師として現場で経験を積みつつ
動物への予防医療の普及をメインに、ペットにとって暮らしやすいまちづくりや
より良い獣医療の提供に向け活動されている。
hospass運営局
hospass運営局

こんにちは、hospass運営局です!医療系情報メディア【hospass】では病院はパスする時代をいうスローガンを掲げ、日常お役立ち情報や病院の外でも活躍している医療職の方々を取材記事を発信させていただいております!

hospass運営局
hospass運営局

獣医師の資格を持ちつつ、現在は動物予防医療の普及に取り組まれている直良拓朗さんを取材させて頂きました!

この記事の見どころ
  • 獣医師として現場に立ち気づいたこと
  • 動物予防医療について
  • 直良さんの今後の活動について

それではどうぞご覧くださいー!

医療職になろうと思った経緯を教えてください!

とにかく医療職がかっこよくみえて、物心ついた時からなろうと思っていました!

幼い時から「大きくなったら医者になろう。」と思っていたんですよね。他には、植物学者や動物学者なども考えていました。

お父さんが薬剤師として働いていたことや、おじいちゃんが薬局を経営していたこともあり、人として尊敬していたので、医療系の仕事をしても良いかなと思っていて。

幼い時から実家で犬を飼っていたんです。小さい頃から一緒に育ったので、第二の母のような存在で、小さい頃車道に出てしまった私を助けてくれたり、虫を口にいれそうになったときはそれを止めてくれたなどもあって

そういった出来事から「将来は獣医になろう」と決めた運びですね!

学生生活の思い出は何かありますか?

やることをやっていたら通過出来ました。(笑)

獣医学部への入学は、特に大変ではありませんでした。やることをやっていたら合格できた感じでしたので、難しいとも思いませんでした。(笑)

国家試験も短期集中で、無駄な時間を使わずに勉強していたら合格できて、学生期間は他の趣味に没頭していましたね。

例えば、4~6年生までは自分が設立したオーケストラ部に熱中して、5年生のときに無人島生活をしたこともあります。(笑)

無人島生活で分かったことは【お金がなくても生きていけること】【意外と自分は死なないこと】でした。それに加えて動物の気持ちにもっと寄り添いたいという思いが強くなり、研究にも没頭して卒論までの間ずっと研究室に籠っていました。

新しいことや面白いことを研究することが大好きだったんですが、大学院には行かずに、就職する運びにしました。

新卒で働き始めてから、今に至る経緯を教えてください!

私が最初に就職した場所は、アニマルメディカルセンターでした。

日本初の動物夜間救急がある職場だったので、とても興味が沸いて就職しました。【アニマルメディカルセンター】という名前も、動物病院の中心な感じがしてお気に入りでしたね。(笑)

忙しく働いている中、現場でたくさんの動物がなくなっている現状を目の当たりにして、「動物の予防医療を行いたい」と考えていました。

当時は動物にとって【予防】という考え方は全くなく、なくなっていく動物たちを見るたびに思いが強くなっていき、【動物0次診療®️】として自分で商標登録も行って、動物予防医療の普及に取り組んています。

具体的な活動について教えてください!

豊かなペットライフを実現するための教育などを行っています!

ペットにとって暮らしやすい街づくりや、より良い獣医療について考えて行くことを目的としていて、それらを実現することができるプラットフォームになることを目指しております。

ペットアイランドなどの構想を考えていて、最終的には動物と人間が共生できる社会を創っていきたいです。

hospassを通して伝えたいメッセージはありますでしょうか。

どんどんチャレンジする人が増えていけばいいなと思っています。

タイミングにあった出来ることを、どんどんやっていきたいと思っています。そして感動を与え続けていきたいです。

私は臆病なんですが、それを自覚しているからこそ、準備して万全の体制で取り組んできました。これだけ様々なことをしてきたので、破天荒と思われることはありますが、勇気を持って飛び出して見るのも良いと思います。

シェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です