毎週月曜日に更新中!更新速報はこちらから!!

エステで人を幸せに包み、生き方に影響を与えたい!【伊藤優 / 看護師】

伊藤優(いとうゆう)

大学病院で看護師として勤務、その後美容クリニックに勤務。
2021年美容サロンユリールを開業、2022年会社設立。
ラジオやメディアでも活動中。

hospass運営局
hospass運営局

こんにちは、hospass運営局です!医療系情報メディア【hospass media】では「病院はパスする時代」というスローガンを掲げ、日常お役立ち情報や病院の外でも活躍している医療職の方々を取材記事を発信させていただいております!

記事リンク

hospass運営局
hospass運営局

看護師の資格を持ちつつ、現在は美容エステ経営やタレントとして活動している伊藤さんを取材させて頂きました!

記事の見どころ
  • 医療職を目指したきっかけ
  • 伊藤さんの生きがい
  • 原動力になっていること
  • 社会に与えたい影響や今後の展望

医療職になろうと思ったきっかけを教えてください

中学生のときに経験した東日本大震災でできることがなかった事にもどかしいという思いをしたからです。

宮城県出身の私は、中学のときに東日本大震災を経験しました。そのときに何もできなかったので、人のためになる仕事がしたいと思っていました。

父が自衛隊、母がクリニックに勤めていたこともあり、人のために働く姿がとても素敵だなと感じていました。

そのなかで起きた東日本大震災、大変な事態の中で出来ることがなかったことにもどかしさを感じたんです。

なので、人のために働く仕事にしようと思って、看護師の専門学校に入りました。

エステサロンを開業したきっかけは?

病気にならない人を増やせば、健康な人が増えて、元気な人も増えて、幸せな人も増えるって思ったからです!

看護師として新卒で、呼吸器・眼科・循環器・精神科の混合病棟に配属されました。働く中で亡くなる人を多くみてきて、無力さを感じていたんですよね。

家族は時間もお金も労力も割いて、病棟にお見舞いにきているし、看護師も医療職チームとして治療に尽力しているのに、結末苦しい顔をして亡くなっていく姿をみていくと「なんで患者も家族も頑張って報われないんだろう」と思い始めました。

当時はまだ知識も経験もなかったので、何をしたらいいのかがわからなくなって、自分自身も疲れてしまって…。

医療現場の現状と自分がやりたい理想の看護が異なることに悩み、1度美容クリニックに転職しました。

そこで気づいたことは、美容と健康はリンクしているということで、病気になる前の関わりが大事だということでした。

そもそも病気にならない人を増やせば、健康な人が増えて、元気な人も増えて、幸せな人も増えると思い、「美容として予防医学を伝えたい」と感じました。

もともと学生時代にやりたかった看護が、【ひとりひとりに寄り添った看護をすること】でした。

社会背景や環境や悩みが1人1人違って、その人が重視する部分も違って、その人がよくなるための最善の関わりは違います。

なのに美容クリニックでは、その人にあわせたケアをすることが流れ作業になっていて「悩みに寄り添えてないな」と感じたんです。

そこで、自分なりのかかわりは自分でやるしかないと思ってエステサロンを開業しました。

伊藤さんの生きがいとは?

自分がきっかけで関わったときに喜んでもらえることです!

実はヨガの資格をもっているんです。

ポーズをとるだけがヨガだと思っている人がいますが、ポーズをするなかで『自分と向き合うこと』がヨガだと知りました。

自分自身と向き合って自分は何をしたいんだろうと思ったときに、”自分自身が喜ぶことだ”と気づき、自分自身が喜ぶこととは、自分らしく生きることだと思ったんです。

病院看護師をやっていたときにたくさん仕事して給料をもらっていて、それでも物足りなさを感じていたのは、自分のやりたいことができていなかったからだと気づきました。

私は仮死産で生まれていて、「障害が残るでしょう、予後もわかりません」って言われていたところから、震災もあった中で生きているのは奇跡だと思っています。そこに両親がいて生きていることも幸せだと思います。

人生は1回きりだし、行動しないとわからないことも多いし、どうなるかはわからない

それならリスクもあるかもしれないけど、そう思えただけでもすごいから、行動しようと思いました。

自分なりの関わりをして自分なりの生き方をして、もっと幸せを増やしていきたいです。

私にとっての生きがいは、自分がきっかけで関わったときに喜んでもらえることです。

自分を通して身体も心もよくなっているのをみているのが幸せなんです。

だから、元気になったり喜んでもらえる人を増やしていきたいです。

伊藤さんのモットーは?

看護師エステで人を幸せにつつみ、生き方に影響を与えることです!

いま私は、エステを経営しながら、ラジオやメディア活動も積極的に行っています。

リアルならエステで関わって元気にしたいし、癒しをあたえたいし、それ以外の部分でも発信することで影響を与えられると思っています。

活動を通して、看護師で忙しくても、”誰でもきっかけはつくれるしやりたいものに挑戦したら誰でもできる”ということを自分自身が証明したいです。

むしろ私のほうがお客さんから元気をもらっていて、それで私も頑張ろうっていうこともありました。

「優さんがすごい頑張っているのをみて私も頑張ろうって思いました」といって会社を立ち上げている人や、「優さんのところで施術してすごい元気になって、実は某テレビのオーディションに受かりました」とか!

頑張っている人が集まってくると私も頑張れるし、自分が仕事をすることで相乗効果でよくなっていけるんじゃないかって思います。

伊藤さんの原動力になっていることは?

”良くしたいという思い”だけで行動しています!

働きかたにとらわれないで、自分がやりたいことに挑戦することは、人生にとってもいいと思っているんです。

無意識に”看護師という資格を取ったからこれしかできない”と思っている人が多い印象があって、もっと自分の可能性を信じたい人や、いろんなことをやりたいと思っていることが多いのではないかと思っています。

病院看護師だけをやっていたとき、今考えると社会について無知だったなと思うんです。

社会のこと・保険年金のことも知らず、それ以外の世界を知らず、どういう働き方をしている人がいるのか全く知りませんでした。

いま自分で仕事して学んでいることがいっぱいあって、いろんな人の話を聞いて自分の考えが固まってきたと思うんです。

1つのことに集中するのも大事だけど、広い視点をもってモノを見るのも大事だし、いろんなことを大人になっても学んだりすることって幸せなことだなと思うんです。

どうしたらいいのか迷っている人がいたら、自分を見つめなおしてみるといいんじゃないかって思います。

自分の人生は自分で決めるしかないし、自分がこうするべきとは思いませんが、自分の可能性に気づいてなくて知らないというのはもったいないと感じます。

だから、看護師の相談に乗ったり、ちょっとしたきっかけを与えたり、アドバイスすることや第三者の視点をお伝えすることでもなんでもいいので、できることはやりたいです。

事業で社会に与えたい影響や今後の展望を教えてください

自分がいろんな面で活動していくことで、勇気と笑顔と挑戦と幸せであふれるようなことを、どんどん創っていきたいです!

元気にしたいし、頑張っている人を応援したいです。

活動を通して、またエステに来たお客さんとの関わりを通して元気になってほしいし、健康になって知識をつけてほしいし、幸せになってほしいです。

だから、そのお手伝いをいろんな面でしていきたいです。

エステサロンの展開や、予防医療を通して世の中を良くしたいという想いの看護師さんの相談、他にも私が日々挑戦する姿を見せることで、

頑張りたいな思えるように、勇気と笑顔と挑戦と幸せであふれるようなことをどんどん創っていきたいです。

また、世界的では予防医療がどこまで進んでいるのかを見に行き、美容や健康について、私の活動を海外まで展開するという夢も叶えたいと思います。

今日本で活躍している人は、論文等から世界の最先端の情報を海外からとっている人が多いです。

日本だけ見ているのは視野が狭くてもったいないと思うし、日本の常識が世界の常識ではないことが多くあります。

より良い予防医療や予防美容を提供するためには、日本以外の世界も自分で見たり行動するしかないと思うので、そのために努力します!