保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

お酒を飲むと腸内環境がボッコボコに悪化の知ってた?って記事。

はいどうもこんにちは!

今日はちょっと気になる論文を見つけてしまったので記事にします(‘ω’)ノ

お酒を飲むと腸内環境がボッコボコに悪化する。

世の中にはお酒が好きという人が多いように感じます。

仕事や友人関係で普段から飲まれる方って多いと思うんです。

人によっては晩酌で毎日飲んでいたりするんではないでしょうか?

そんな人達には、今日の記事はちょっとショックな内容になりそうです。

アルコールが毒性の強い細菌を増やす 

こちらご存知でしたでしょうか(‘ω’)ノ研究原案

2008年に腸内細菌とお酒の関係について報告した研究がありまして、

その研究によると

アルコールには、毒性の強い細菌を腸内で増殖させる働きがある。

その結果、毒素が体内に蓄積していき、

さらに細菌と腸内細胞によってアルコールが代謝されると、

アセトアルデヒド(二日酔いの原因)の増加を引き起こす。

これは、腸の細胞にダメージを与え、腸壁の粘膜を少なくさせる。

また、アルコールが作る一酸化窒素も同様に作用してしまい、

毒素が細胞にダメージをあたえた結果、腸のバリア機能に異常をきたしてしまう。

その結果、体内に入り込んだ毒素は腸から肝臓へ向かい、様々な臓器に炎症を引き起こす。

って書いてあります(‘ω’)ノ

ちょっとわかりやすくまとめると

  1. アルコールで腸内に悪い細菌が増える
  2. その結果、腸に細かな穴が空きまくる
  3. 穴から毒素が体内に入り込む
  4. 全身に炎症が起きる!

こんな流れですね。

他にもこんな報告があります。

この紹介した論文もそうなんですが、

実は他にもお酒で腸内環境が悪化するよーって研究は山ほどあります。

たとえば、こちらの研究では(‘ω’)ノ研究原案

2004年の研究で、25人の男女を対象にして行ったわけですが、

お酒を多量に飲んでもらって、ほんの4時間後には体内の毒素レベルがかなり悪化した。

などの結果があり、すぐに腸内環境の悪化が来るようです。

またこの時の研究では、大雑把に

およそ2時間で男性ならグラス5杯女性ならグラス4杯分のお酒を飲むと

腸内細菌たちにダメージが出てくるようでした。

まとめ

元々お酒を飲む人、飲まない人いるかともいますが

最近腸内環境が世間的にブームなので、ちょっと記事にしてみました。

この記事ではお酒は腸内に良くない!っと説明しましたが、

お酒は身体にいい!っていってる論文も多くあります。

結論的には「飲み過ぎは注意!」って事で落ち着く方向でいいんじゃないでしょうか?

でももしいつもお腹がゆるかったり、お酒を飲み過ぎていたりする場合は

是非一度見直してみても良いかもしれませんね!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です