保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

水飲めば肌がきれいになるって言ったやつ出て来い。って記事。

はいどうも(‘ω’)ノ

ちょっと肌について気になった事があって

調べたら面白い論文を見つけたので紹介します(‘ω’)ノ

水を飲むと肌に良いって本当??

よく水を飲むと肌がきれいになる!とか

1日に2L以上飲むと良い!みたいな事聞いたりしませんか?

これについてちょっと気になっちゃったので

調べたんですが、どうやらそうでもない様子。

今回はこの「肌の保湿に関する論文のまとめ」をみていきます(‘ω’)ノ

研究内容

これはベルリン大学の論文で

水を多く飲めば飲むほど肌の含水率も増えるのか。について。

6個の論文をまとめたものです。

対象者の年齢は25~56歳であり、結構正当なデータになってるかと。

結果

1日1~2Lの水を飲むと、上皮角質層の水分量が上がる

上皮角質層とは表皮のことで、一番上の皮膚は水分が上がっているとの事。

しかし、この他の結果が面白く

  1. 肌のなめらかや弾力性は変化が無い
  2. 水を飲み過ぎると皮膚の免疫が低下する可能性がある。
  3. 上皮角質層の水分量はもしかしたら角質細胞層などによるものか。

などなど

簡単にまとめると科学的な根拠はないよ!って説明してるんです。

まとめ

結果からみると、

1日に1~2L水を飲んでも美肌にはならない!っといっても良いでしょう。

なので水はのどの渇きが出る前に補給する。

夏場は熱中症や脱水にならないように補給する

そんな感じで問題ないのかな。とか思っちゃったり(‘ω’)ノ

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です