保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

自己啓発にありがちな「自分は最高だ!」って考えが無駄な事を紹介するので、もう頑張らなくて大丈夫です。って記事。

はいどうもこんにちは(‘ω’)ノ

みなさんって自己啓発系の本って読んだことありますでしょうか?

もしくはセミナーみたいなのでもいいです。

なんというか、みなさん一度は今のまま生きてていいのかなー?

ってアバウトに思う事多々あると思うんですよ。

そんな時に本屋さんとかで手に取る物ってなにかと

自己啓発本だったりすると思うんです。

今日はそんな自己啓発本やセミナーが意味ない、むしろ逆効果なんじゃない?

って証明している論文を紹介します(‘ω’)ノ

ではさっそく見てみましょう!

アファメーションでなりたい自分に変わる!?

みなさんアファメーションってご存知でしょうか?

アファメーションっていうのは、【肯定的な宣言】の事で

affirmation(肯定、断言、確言、誓願)の言う意味をしています。

例えば具、「~のようになればいい」「~したい。」という願望を

「~です」「~だ」と肯定的に断言する事で

潜在意識に働きかけ、その断言を現実化していくというもの。

要するに、「自分は幸せだ!」「私はお金持ちだ!」

の様なみたいなセリフを多く口にする事で

潜在的な意識が変わるよーという話です。

このアファメーション効果についての研究が調べたのが

2009年ウォータールー大学の研究で、

今日はそちらの紹介をします(‘ω’)ノ研究原案

研究内容

①対象者に性格テストを実施。

②「自己肯定感が高い人」と「自己肯定感が低い人」の2つに分類

③全員に「私は魅力的だ」と言いながら

④4分間自分の感情を自由に書いてもらう

結果

・自己肯定感の強い人は特に変化がなかった。

・自己肯定感の低い人は、アファメーションを言う前よりも更に自己肯定感が下がった。

素から自己肯定感の低い人が肯定的なアファメーションを言うと

逆に自分の無力さに目が行き、落ち込む。

と言う現象がみられたようです。

まとめ

このアファメーションですが

今や本当に自己啓発系では鉄板とされていて

メンタルセットの際によく使われるようですが

そもそもこの自己啓発が結構なストレスだっったりするんですよね。

自分のしたいように自分で生きてるのが一番良いんです。

他にも自己啓発を論破しちゃいそうな論文を多々見つけているので

それらはまた別の機会にご紹介しますね!

それではまた!