保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

最近頭痛がすげぇと思ってたら、台風のせいだったし低気圧のせいだったしで原因調べたのと対応策も持ってきたよって記事。

はいどうもこんにちは!

季節は秋!秋は台風!最近どうも頭痛が続くと思ったら

どうやら台風接近による低気圧が原因だったみたい!

今日はその台風によって出現する「台風頭痛」とその原因に関して

研究論文見つけてきたので記事にしますねー(‘ω’)ノ

急速な気圧の低下が頭痛をもたらす!

どうやら調べてみると、台風頭痛のメカニズムは2通りあるそうです

①前庭器官の気圧センサーが反応、自律神経が興奮し交感神経優位になる。
 →血管収縮により緊張型頭痛を誘発。

※こちらはドイツの研究論文(ラット使用)
②気圧の低下により三叉神経(脳神経)が興奮。
 →血管拡張により偏頭痛を誘発。

ちょっと専門用語多くて理解難しいですかね。

より簡潔に書くと、

要は人間は気圧の低下により身体に影響が出て、それが頭痛になる!

って事なんです。

どうやって対策すればいいの?

この「台風頭痛」ですが、低気圧が原因の為対策が難しいです!

天候の話になるので、気圧を変化させる能力は人間に無く(当たり前)

頭痛が生じてしまう身体の方に対策を行う必要性があります

対策①:側頭部、耳周辺を温める

先程お伝えした前庭器官というのは

側頭部、耳のより内部に存在します。

その周辺をホットタオルや暖かい物などで温めると

血流の改善が出来、頭痛の軽減に繋がるようです。

対策②:耳のマッサージ

耳のマッサージも上記同様に血流の改善に良いです。

耳をつまんで上や下、横にゆっくり引っ張る・戻すを繰り返しましょう。

実施してしまうと赤みや痛みが出現するので

優しく実施しましょう。

対策③:耳栓を使用する。

前庭器官の保護が出来る耳栓も販売されています。

耳栓をしていても周囲の音は聞こえる状態で使用できるので

ひどい頭痛の際は使用しても良いかもしれませんね!

対策④:酔い止め薬を服用する。

酔い止め薬は前庭器官に作用し、頭痛の軽減を図る事が出来ます。

また頭痛に伴って生じる眩暈にも有効です!

漢方薬の五苓散(ごれいさん)も有効ですので

是非試してみて下さい!

まとめ

秋は季節の変わり目なので体調を崩しがちです。

鼻水が止まらない→秋花粉が原因?

頭痛がする→台風が原因?

なんだか疲れやすい→身体が冷えてしまっている?

それぞれの症状には原因があります。

1つ1つ対策を試して、万全の体調で過ごしていきたいものですね(‘ω’)ノ

それではまた!