保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

ゆっくり寝たはずなの眠気がすごくて参った!ってなったので【睡眠の質】について調べたよ。って記事

はいどうもこんにちは!

みなさんゆっくり寝たはずなのに眠い。

なんて事ありますよね?時間は確保していたはずなのに。

何故か眠気が取れない。それは睡眠の質がひくいのかも!

今日はそんな【睡眠の質】に関しての論文を紹介します(‘ω’)ノ

寝室の空気環境が意外と大事。

睡眠の質を高めるには、まずしっかりと身体を休める必要がある。

これが前提になると思うんですが、

身体を休めるにはどうしたらいいの?って思いますよね。

休めるとは、免疫系も休ませる事。つまり、身体の炎症反応も避ける!

っという事なんです。

早速研究を見ていきましょう(‘ω’)ノ

研究内容

デンマーク工科大学の研究です。

男女30人を対象にし、2つのグループに分けます。

①よく換気した部屋で1週間就寝してもらう

②換気せず部屋で1週間就寝してもらう

この2つのグループで経過を観察し

空気中の二酸化炭素の量を注目しながら、実験を施行しました。

結果

①のグループは次の日を集中力がアップした。

①のグループの人の声として

  • ぐっすり寝る事が出来た。
  • 爽やかな朝が迎えられた。
  • 翌日の気分が良くなった。
  • 集中して仕事に取り組む事が出来る様になった。

などなどの意見が聞かれました!

研究者のコメント

客観的に計測した睡眠の質と、主観的な寝室の快適さは
二酸化炭素のレベルが低くなるほど改善した。

とのコメントがあります。

まとめ

今回の研究では二酸化炭素に着目して空気の質を判断しましたが

もっと他にも睡眠の質を上げる方法があります(‘ω’)ノ

また機会を見つけて記事にしますね!

それではまた!