保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

単純に考えて睡眠削ったら活動長くなるじゃん?でも次の日睡眠バカな量にならない?って思った記事。

はいどうもこんにちは!

睡眠時間が少なくても全く問題なく活動できる人っていますよね

僕の周りにもいるんですが

本当に羨ましい。僕は1日8時間位寝ないと

次の日全く頭が回らなくなるので、本当に羨ましい。

今日はそんな【睡眠時間が少なくていい人:ショートスリーパー】について

面白い事が判明したので記事にしますね(‘ω’)ノ

ショートスリーパーは遺伝性!?

ショートスリーパーで有名な人ってみなさんだれ思い浮かべますか?

僕個人的にはナポレオンが印象に強いんですが、

調べてみるとアインシュタインもだし、モーツアルトもだし

明石家さんまさんもだし、中居正広さんもだし

結構有名な人も多いんですよね。

そんな人達に憧れて、ショートスリーパーになろ!

って思って行動に移したことありませんか?

そして超絶な寝不足に襲われた事ありませんか?(僕がそう(笑))

ですが、とある文献を見つけました!

内容はショートスリーパーは遺伝性だよ書いてあるんですが

見てみましょう(‘ω’)ノ

ショートスリーパーの定義

まずショートスリーパーって一般的に6時間以下の人を指すらしい。

そしてショートスリーパーは6時間以上寝ると逆に体調が悪くなるんだと。

もうこの時点で羨ましい限り…。

一般的な人間の睡眠時間は8時間とされていて

1日2時間多く活動している事になりますね!

ロングスリーパーの定義

ちょっと補足すると、ロングスリーパーってのもあって

この人達は9時間以上寝ないとダメって人もいるらしいです。

有名人で言うと、アインシュタインとか…。

遺伝性、もしくは遺伝子の突然変異

研究内容と結果

今回の研究はDNAシークエンシングと

連鎖解析の手法っというので実施したそうです。

この2つで調査したところ

  1. 【ADRB1】と【DEC2】という遺伝子に変異が起きている
  2. この遺伝子を持っている人は、1日の睡眠時間が平均で6.25時間。
  3. この遺伝子を持つ人は1/25000の確率である

という結果になったそうです。

25000人に1人!羨ましい!!!!(何回目)

ショートスリーパーの特徴

ショートスリーパーにはいくつか共通点があって

調べると確かに周りのショートスリーパーたちが当てはまっているなあと

特徴として

  • 活発に動いている。
  • 楽観的に生活している。
  • 普通よりも活動的に過ごす傾向がある。
  • マルチタスクもしくは1つの事に極端に集中する。

という共有点があるそうです。

睡眠時間に関しての死亡リスク

普通の人が睡眠時間を削ると

身体的な負荷が大きくなり、体調を崩す事になります。

人間は4時間未満、もしくは9時間以上の睡眠で

死亡リスクが格段に跳ね上がるんだとの調査もあります。

最も死亡リスクが少ないのは7時間前後であるとの事。

また睡眠専門医によると、後天的に睡眠時間を短くするのは

非常に身体負荷が強く、元々遺伝子レベルで決められている為

不可能である。とも説明しています。

とても悲しい現実ですね。

まとめ

今回は睡眠に関して(ショートスリーパー)の記事でした。

1日4時間睡眠と7時間睡眠じゃ、3時間も活動時間が違うわけで

3時間で毎日差が出来たら月90時間も差が生まれるわけです!

ショートスリーパーずるくないですか!?

しかもこれが遺伝子レベルってもう!反則すぎません!?

分かった所で何言っても始まらないので、

さっさと作業に取り組みます。

今日もみなさんゆっくり寝ましょうね