保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

睡眠不足を少しでも、楽にする方法があると俺の中で話題!!って記事。

はいこんにちは!

今日は睡眠不足について調べていたので

ちょっとお伝えします~(‘ω’)ノ

夜更かしがどのくらい強いダメージなのか?

みなさん、毎日の仕事の残業や、夜遅くまでの勉強、

唯一の楽しみ趣味などで夜更かしはしていませんか?

夜更かしによって睡眠時間が削られることで、

脳にダメージが蓄積し、集中力の低下や痩せにくいなど、

様々な弊害があるのはご存じだと思います。

身体に悪影響であることを分かってはいるが!

夜のお仕事や繁忙期の時期には、

夜を徹して仕事をしなければいけない時もありますよね。

今回は、夜更かし中にあることをしなければ、

脳へのダメージを軽減できる研究があったので紹介していきます。

何も食べずに夜更かしするとダメージが軽減する!?

今回の研究はペンシルバニア大学が行ったもので

44人の男女を被験者にしております。

研究工程としては、

まずは3日間、全員好きな時間に好きなだけ食べてもらい、

睡眠時間4時間で過ごしてもらいます。

その後2つのグループに分かれでもらいます。

①午後10時以降は水飲みで生活する。

②午後10時以降も好きなだけ食事しても良い。

その後、全員に対して

・情報処理能力

・認知機能テスト

・ストレスレベルチェック

上記を測定いたしました。

結果

①のグループは、全体的に認知機能の衰えがなく、注意力も長続きしていた。

②のグループは、上記3つのテスト全て点数が著しく低い状態であった。

研究者のコメント

この結果は、深夜にカロリー摂取を控えることで、

睡眠不足がもたらす神経系の衰えを抑えることを示している。

深夜のプチ断食は、睡眠不足による注意力の低下を和らげる効果がある。

そのため、夜通しで作業をする時は、

食事を控えると翌日の活動に効果的な可能性が示唆されている。

まとめ

今回の論文では

夜更かしする時、次の日への影響を最小限にすることに

夜食を控えるとよい。

っということがわかりましたね。

人間は元々、日中活動する生物ですので

夜間に身体を休ませる時間は間違いなく必要です。

もし頭を使う作業であるのなら、せめて腸内だけでも

休ませてあげるようにしましょう。

それではまたー٩( ᐛ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です