毎週月曜日に更新中!更新速報はこちらから!!

モテる人は聞き上手って聞くけど、聞き上手の詳細を分析したよ!って記事。

モテる人って本当にいつでもどこでも誰にでも「モテ」を発揮しますよね。

そんな「モテ」について面白い論文を見つけたので紹介します٩( ᐛ )و

モテる人は何が違うのか(会話編)

今回紹介する論文は「モテる人」と「モテない人」の会話方法の違いについて研究しているものです。

研究原案はこちらをどうぞ٩( ᐛ )و

研究方法

ハーバード大学の研究で過去に開催された「お見合いパーティー」のデータから100人分の会話記録を調査して

「パーティーでモテた人はどんな会話をしているか」を調べました。

研究結果

  1. デートの約束ができる人は質問の量が多い

こちらの調査では、人気がある傾向にいた人は質問の量が多かったそうです。

追跡調査

さらにこの研究は追加して、300人の男女のオンラインチャットを使用して

初対面の相手と15分会話をさせ、誰が人気あるのかも調査しました。

結果、15分で9回以上質問する人は15分で4回以下の人に比べて、格段に好かれやすいっという結果が出ました。

深堀

質問と言っても、連打的に質問を投げかけてはダメです。

質問の仕方としては、事前に会話の中で出たことについて質問を行う、が大事になります。

出たワード「掃除」に関しての会話を続ける、これが質問のコツになります。

フォローアップクエスチョン

上記の会話の質問の仕方は「フォローアップクエスチョン」と言います。

このフォローアップクエスチョン、実は心理的な効果があり

自分は相手の話を聞いているというサインを送ることが出来る。

向こうに興味を持っているという事実表明となり、相手を気にかけ存在を認めている

理解しているとのシグナルになる。

このような心理的効果を発揮するため、好感度が上がり、結果的に【モテ】につながるんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人間なら一度は「モテたい」と思ったことがあるはず!自分自身の会話方法を見直して、また格段に「モテ」を自分のものにしてみましょう٩( ᐛ )و

それではまたー!

シェアしてhospassを広めてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です