保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

人を助ければ助けるほど、身体的痛みに強くなると俺の中で話題!って記事。

人を助けると、身体的な痛みに強くなる!

そんな論文を見つけてしまいましたので、

早速紹介します!

研究内容

これは北京大学などの研究です。

4つの研究を行なっており、それぞれ「人助けを無性で行う

という内容で整理されています。

研究①

「孤児を助ける為に寄付をお願いします。」と依頼し、

その後電気ショックを与えたところ

寄付をした人は電気ショックの脳への反応が小さかった

研究②

寒い環境下で

「移民のためのハンドブック作成に協力していただけませんか?」と聴取。

協力してくれた人は、寒さへに対しての不快感が少なくなった

研究③

献血に来た人に対して、

「注射は痛かったですか?」尋ねた。

ボランティアで献血にきた人は痛みが小さかった

研究④

がん患者10名を

ボランティアしているグループと

ボランティアしていないグループに分けて調査。

ボランティアしているグループは痛みが少ない傾向にあった。

研究結果

上記研究のように

奉仕活動を行なっている人

身体的な痛みや不快感が少なくなる。

今回の対象者の脳波を観察しても

やはり痛みや苦痛を感じる部分の活動が落ち着いていたとのこと。

研究者のコメント

奉仕活動は個人に負担がかかるが

活動を通して、本人に癒しの効果があることが示唆される。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結果を見て、なんでこうなるの?

って思う人も多いと思うので、さっと説明すると

  1. 奉仕活動によりポジティブな感情になる。
  2. ポジティブな感情からドーパミンが生成される。
  3. ドーパミンによる鎮痛作用

このような流れになります。

ドーパミンの効果って本当にたくさんあるので、

またの機会にお話できればいいなと考えてます。

それではまたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です