保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

文字で物事をお願いするのは、対面でするよりも死ぬほど効果が低い。って記事。

最近仕事を行う上で

どうも人にお願い事をすることが多くなって来たわけなんですが

ちょっと気になる論文を見つけたのでシェアします。

リモートワークの流行っているなかで

なかなか衝撃的な数字を叩きだすので、みなさんどうぞご活用ください。

研究内容

コーネル大学などの研究

対象者は男女45人

「それぞれ初見10人にアンケート調査を頼んでみる」という課題をだしました。

その際の方法を2つのグループで分け

  1. メールで依頼する
  2. 直接顔を見合わせて依頼する

依頼の内容は全く同じといて

伝えること方法のみを限定して調査しております。

研究結果

  • メールの場合:平均10人中0.3人した対応してくれない。
  • 対面の場合:平均10人中8人が対応 してくれた。

追加研究


この研究の延長上で

初見の人に文書の校正を依頼するという課題でも

同様の結果が見られるようだった。

研究者のコメント

初見の人に対しての依頼は、

対面であると恥ずかしさや不安からハードルが高いが、

メールであると容易に伝えることが可能だろう。

実際に対象者の半数がメールで依頼事をするとあった。

依頼側が容易に送れると言うことは、断る側も容易に断れるのである。

対面で依頼を行うと、断る側も断りづらくなる心理が働くため、

大変有効に物事を効率にできると言う。

またメールでは信頼関係を気付くことが難しい

と言う研究結果も多く出ているため、今後の依頼方法は重々検討して進めた方が良い。

とのこと。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

依頼するときの効果は約30倍も変わってくるわけですね。

メールの利便性はかなり高いですが、

利便性のみを意識すると結果に繋がりづらいかもしれません。

その点は理解しつつ使用していくのが良いかもですね!

それではまたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です