保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

ポジティブ思考は、長期的視点で鬱になる傾向が高くなってしまう。って記事。

最近妙にポジティブ人間に会うのですが、

面白い論文を見つけたので共有します。

どうやらポジティブ思考と鬱病は関連があるようです。

早速紹介します。

研究内容

67名の学生に対して

架空のシナリオをイメージしてもらいます。

シナリオは「自分のクライアントに、ビジネスの拡張を提案しましょう」と言う内容。

そのイメージのポジティブ度はいくらなのかを自己評価してもらう。

その後イメージ通りなったかどうかを聴取して経過を観察しました。

研究結果

  • ポジティブなイメージ(ビジネスが上手くいく!)をした学生
    その直後は良いものの、1カ月後うつ傾向が増加した。
  • 普段からポジティブなイメージをする学生は、
    長期的にうつになる確率が高く、その効果は7ヵ月後にも確認された。

研究者のコメント

ポジティブな人は当初気分が爽快をなるが

長期的に見るとうつ傾向になりやすいことを示唆する。

最近は「成功者になりたければ、ポジティブになれ!」

みたいなフレーズが横行しており、自己啓発市場はポジティブ思考で拡大。

今や96億円の規模を持っているとされている。

今回の結果は、本当の意味で幸福感を得るには必要な要素であり

自己啓発市場には悪影響を及ぼすかもしてない。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

なんとなく腑に落ちる結果だったので

皆さんも是非ご参考に!

じつは他にもポジティブ関連の面白い研究があるので

また次回以降共有しますね!

それではまたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です