保護中の記事は、近日公開予定です。お楽しみにしつつ、少々お待ちください^^

これでみんなも幸せになれる!?ヘルパーズハイで今日もハッピーって記事。

以前【他人への親切行動が自分のモチベーションも上げる】

とお話しさせて頂いたと思うのですが、

この現象は、親切をした事によりドーパミンが脳内に分泌され

「ランナーズハイ」ならぬ

「ヘルパーズハイ」と呼ぶらしいです。

そんな親切心によるモチベーションを上げる方法を

スタンフォード大学が行なった研究がまた面白いことを言っていますので

早速みなさんに紹介します!

親切な行動は、受け手にメリットがあるわけではない。

いきなりですが研究者の名言を紹介します。

親切な行動は、受け手にメリットがあるだけではなく、行動する側にも「ヘルパーズハイ」という喜びの感情を作り出す。「人のために良いことをしよう」という教えは、個人の幸福を高める良い戦略になる。

残る問題は、ヘルパーズハイを作り出すベストな方法は何か?という点だ。

とのこと。

つまり何が言いたいかというと

親切により喜びが得られるのは確かなので

あとはどのタイミングで親切をするかが重要になってくる

っということ。親切のタイミングを図るとかちょっといやらしいですが。笑

ってことでそんな話で研究を紹介!

目標の立て方によって効果に違いがでる

研究方法

543人の男女に2パターンの実験を行って

適切な親切の方法」を調査しました。

  1. 抽象的な目標:「誰かを幸せにする」というゴールを設定
  2. 具体的な目標:「誰かを笑わせる」というゴールを設定

上記の内容で24時間以内に

親切な行動をしてもらいました

研究結果

  • 具体的な目標のグループのほうが最終的な幸福感は高くなった。

研究の過程としては

両グループとも取った行動に差がなく

「プレゼントする」「面白い事を言う」「面白い動画を教える」など

小さい親切を実践したようでした。 

ではなぜ幸福度に違いが出たのか?

研究チームはこう解釈しています。

  • 具体的な目標の方が予測が現実的になるから 

「誰かを幸せにする」だと

幸せは人ぞれぞれの抽象的な目標なため

向かうべきゴールが不明瞭なので尺度を測りづらいんですね。

「誰かを笑わせる」だと

笑わせる事が明確なゴールになるので、

やるべきことが具体的になり確かな出来事が残る。

言われてみると確かにって感じですね。

さらに今回の研究では

「相手との関係や親切の種類は幸福度の差に影響しない」とも述べられており、

親切の相手が友人ではなく、初対面の方でも親切で幸福度は上がり

また方法としても、

何かをプレゼントすることや、冗談で笑わせただけでも

全体の幸福度は上がったようです。

要するに、親切の効果は

期待と現実のギャップにより幸福度に変化があるのではないか?

と面白い仮説が立っております。

さらに、この結果をもとに

「会社も目標を具体的にした方が良いよね?」と提案しており、

よくある理念に「お客さまを幸せに!」

みたいなのじゃなくて、

「お客さんの満足度を5%あげる」とか

具体的なものにしよう!っと伝えてくれています。

当たり前のことですね。

具体的な事や数字を決めてしまえば、

基準が設けられるので最終的に結果を比較でき幸せになれる

とのこと。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人でも会社でも集団でも

「親切」で幸せになるためには、具体的な目標を決める必要がある。

何事にも大事ですよね、目標を決めるのは。

ですが見落としやすい部分でもあるので、気をつけていきましょうね!

それではまたー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です