毎週月曜日に更新中!更新速報はこちらから!!

夢を諦めようとしている人に選択肢を。【柄澤 伊吹 / 理学療法士】

柄澤 伊吹(からさわ いぶき)

理学療法士の資格を取得後、回復期リハビリテーション病院で勤務。休日に個人整体サロンで活動。
将来を見据え、資産形成を学ばれている。今後は整体×カフェを実現させることを目標としている。
hospass運営局
hospass運営局

こんにちは、hospass運営局です!医療系情報メディア【hospass】では病院はパスする時代をいうスローガンを掲げ、日常お役立ち情報や病院の外でも活躍している医療職の方々を取材記事を発信させていただいております!

hospass運営局
hospass運営局

理学療法士の資格を持ちつつ、現在は病院に勤務しながら個人整体サロンの活動をされている柄澤伊吹さんを取材させて頂きました!

記事の見どころ
  • 理学療法士になろうと思ったエピソード
  • 活動に込められた根本的な想い
  • 今後の目標にされている整体×カフェについて

医療職を目指し始めたきっかけは何ですか?

予防が人生を左右すると実感したエピソードがきっかけです!

小学4年~高校3年まで野球をやっていて、中学高校で肩・肘・腰を故障したんです。そのとき整形クリニックで、とてもいい理学療法士に出会ったのがきっかけです。痛いなりに何とか復帰できたのもあり、「こういう仕事いいな」と思い始めました。

決め手は、中学の時のクラブチームの仲間でした。中学から肘を痛めていたんですけど、高3まで何とか投げ続けて。高卒でプロを目指す中、苦渋の選択を迫られ肘を手術。プロを諦めて大学進学したんです。

中学の時から予防できていれば全然違う。予防が人生を変えることもある。事前に対策することの大切さを感じ、予防に関わる仕事をしたいと思い、理学療法士を目指し始めました。

現在の活動を始めるきっかけは何でしたか?

人との出会いがきっかけで、整体サロンと資産形成の活動を始めました!

最初は、脳卒中専門の病院に入職しました。もともと理想としていたのは、困った時になんでも対応できるセラピスト。「街中で歩いている人も治したいな」レベル。どんな人でも治せるようになるには、幅広い知識と経験が必要と考えていました。

個人出張サロンを始めたきっかけは、整体サロンを営んでいる横田さんとの出会いです。病院で働きながら他の事業を展開できるイメージが無かったので、もともと選択肢として考えていなかったんです。横田さんとの出会いは僕にとってかなり大きな影響でしたね。

資産形成に関しては、妻が加入している保険会社の社長さんとの出会いがきっかけです。今後独立したい人をサポートしたいという熱意に共感し、学びながら活動しています。

現在の活動内容を教えてください!

休日に整体サロンと、将来を見据えて資産形成の活動をしています!

今は病院で働きながら、休日に個人のサロンを。お客様の希望に合わせて出張なども行っています。整体サロンは病院よりも、一人のお客様に対して関わる時間が長いため、素の状態で関われるのが良いところです。

個人にかける時間をより長く確保でき、他職種を意識せず、お伝えしたいアドバイスをより多くお伝えできる。個人としてしっかり向き合えるということが楽しいと思いますし、個人的には充実感を感じやすいですね。

資産形成の方は、お金が勝手に働くと自分の時間が空くので、空いた時間分好きなことができるという感じです。将来的には、整体業でお金をとるというよりかは、「本当に困っている人を助けたい」というのが本心。自分のビジョンをを実現するために、不労所得が必要になってくると思い、活動しています。

活動に込められた想いをお聞かせください!

夢を諦める人に選択肢を多く持たせられるような関わりをしたいです!

一番は、中学の友人が肘を痛めていた時にアドバイスができなかったこと。怪我をして夢を諦めざるを得ないという人が増えていると感じていて。夢を諦める人を減らしたいという想いが根本にあります。

脳卒中の病院で働いていた時にも感じました。例えば、杖をついて装具を付けて歩かないといけないので、小さい子供とディズニーランドへ行くことを諦めてしまう患者さんをみたり。諦めるということを減らしたいです。選択肢を多く持たせられるような関わりをしたい。

妻が看護師として、生活習慣病の方に対する栄養・運動指導とかの電話対応をしているので、僕も予防を教わろうかなと(笑)

柄澤さんの今後の目標は何ですか?

整体サロンとカフェを合体させて、生活や人生について学べるスペースを提供したいです!

将来的には、病院を辞めて整体サロンでやりたいと考えています。根本的に変えていきたい。妻が料理好きで、僕も料理するようになったので、カフェと整体院を合体させちゃおうかなと思っているんです!

料理を待つ間は、お話する時もあるけど暇なことが多いと感じていて。そういう時間に治療したり、栄養や資産形成の知識を話したり。例えば冊子とかでもいいんですけど、生活や人生について学べるスペースを提供できたらなと思っています。自分が治療するのが好きなので、整体だけしたい人が来てもいいなと。

妻が長崎出身なので、九州に戻るタイミングでやろうかと考えています。35歳までには向こうにいく予定。本当はすぐに行きたいんですけどね(笑)

hospassを通して伝えたいことは何ですか?

自分が発信することが、一人でも多くの人に届くと良いなと思っています!

まずはお金にしろ栄養にしろ、早く動いておいた方が良かったなと感じています。自分が発信することで、一人でも多くの人に届くといいなと。

セラピストが健康であったり、お金に余裕を持つことで仕事に集中できたりする。まずはセラピスト自身の生活を充実させることで、患者さんに発信する内容ももっと良くなるのではと考えています。人々の生活をサポートする形ででどんどん繋がっていけたら良いのかなと思っています。

シェアしてhospassを広めてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です