毎週月曜日に更新中!更新速報はこちらから!!

沖縄県の健康長寿を再び!【儀間勇也 / 理学療法士】

儀間 勇也(ぎま ゆうや)

理学療法士免許取得後、整形外科の病院に勤務。その後、高校陸上の専属トレーナー・救護班として陸上競技の大会本部に携わり、パーソナルトレーナーとしての幅を広げる。病院勤務と高校陸上のトレーナーとしての経験から、2021年にパーソナルトレーニングジムを開設。
hospass運営局
hospass運営局

こんにちは、hospass運営局です!医療系情報メディア【hospass】では病院はパスする時代というスローガンを掲げ、日常お役立ち情報や病院の外でも活躍している医療職の取材記事を発信しております!どうぞご覧ください!

hospass運営局
hospass運営局

理学療法士の資格を持ちつつ、現在は沖縄県でパーソナルトレーニングジムを開設している儀間勇也さんを取材させて頂きました!

記事の見どころ
  • 理学療法士になろうと思ったきっかけ
  • パーソナルジムを開設した経緯
  • 事業を進めた先の想い

理学療法士を目指したきっかけは何ですか?

スポーツ、主に陸上競技に関わる仕事をしたいと考えていました!

高校生の頃、陸上競技部に所属していました。

高校3年生で怪我をしたこともあり、競技を続けることは断念しました。スポーツ、主に陸上競技に関わる仕事は何かと考えていた時、選手のサポートができる柔道整復師と理学療法士を見つけたんです。

家族に医療従事者はいなかったので、学校の先生に相談して一緒に深掘りしました。

理学療法士になれば病院で選手のサポートが出来ると聞いたので、理学療法士を目指し始めました。

現在の事業を始めたきっかけを教えてください!

病院の外でも陸上選手をサポートしたいと思ったことがきっかけです!

最初は整形外科の病院に勤務していましたが、理学療法士を目指したきっかけである陸上競技に携わりたい気持ちも残っていました。

理学療法士の視点から陸上競技選手をサポートしたいと思い、陸上競技時代の恩師に連絡したんです。

その後、陸上大会の本部から救護班の依頼がきたり、恩師経由で九州部門主催の合宿などに参加したりトレーナーとしての幅が広がっていきました!

その経験から、スポーツ選手の完全復帰を目指すサポート体制を整えたいと思いパーソナルジムを設立しました。

現在の事業内容について教えてください!

病院で勤務しながら、陸上部の専属トレーナーパーソナルトレーナーとして活動しています!

理学療法士として病院に勤務しながら、高校陸上競技部の専属トレーナーをしています。

高校陸上部のトレーナー業では、基礎的な身体づくり、セルフケア指導、大会での選手のサポートなど行っており、パーソナルトレーナーとしてはジム運営、パフォーマンス向上・ダイエット向けのトレーニング指導を行っています。

僕が住んでいる沖縄県は、車社会で歩く機会が少ないため、自然と筋力が落ちやすい環境だと感じています。

中高年や同世代の肥満傾向・膝や腰の痛みの訴えがあったため、パーソナルジムでは健康への意識づけや障害予防にも繋げたいと思いました。


実際に病院で患者さんのリハビリを行っていると、体重の減量痛みの改善がみられ、本人のやる気を引き出せたことで、生活の質が変わるのを感じました。

医療に頼りすぎない身体づくりに繋がると思い、パーソナルジムではアスリートコースダイエット・フィットネスコースの2本柱で事業展開しようと決めました。

事業を通して社会に与えたい影響は何ですか?

沖縄から全国・世界を目指す選手へ、沖縄県の健康長寿を再び!

アスリートコースに関して、沖縄県のスポーツ選手は、まだまだ全体的に競技力が低いとみられており、選手達も戦いの場が県内だけの視野になっています。

競技を結果に繋げるためには、基礎的な身体づくりが大切です。

僕のパーソナルトレーニングでは、基礎的な身体づくりがメインとなっていますが、今後は幼少期から全国・世界を目指せる様にサポートしたいです。

ダイエット・フィットネスコースに関して、巷には色々なダイエット方法がある中、極端なダイエットをする方がいらっしゃいます。

運動をすることで病気をしない健康的な身体をつくり、健康の意識付けをしていきたいです。運動習慣がない方でも、自己管理が出来るよう運動する楽しさを感じてもらい、日々の習慣にしてほしいです。

hospassを通して伝えたいことはありますか?

行動に起こすことで、本当に必要なことがわかってくると思います。

新しいことに挑戦する時、不安や怖さはあります。

僕自身も事業を始める前、準備をすればするほど不安は大きくなっていきました。だけど、行動することで自分に足りないもの、やらなきゃいけないことがわかってきました。

知り合いの中でも良いので、実際に行動している人がいれば声をかけ、現場をみせてもらいましょう。

僕の場合は、行動している人を探すことから始めました。行動をする中で色々な場面で迷いがあっても、対象者への想いの軸はブラさないことが大切です。

シェアしてhospassを広めてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です